赤ちゃんは汗っかき。皮膚のトラブルも心配ですね。 夏に出やすい皮膚トラブルと対処法を、知っておきましょう。

皮膚トラブルの症状と対処法

あせも

首まわりや髪の生え際、手首の溝など、汗のたまりやすいところに赤く細かいブツブツが広がります。汗をこまめにふき、適度に冷房をつかって汗が引く時間を作りましょう。汗をふくときは、ぬれタオルで軽く押さえるように。化膿して赤く腫れてきたら、すぐに受診を。

おむつかぶれ

うんちやおしっこが刺激となり、炎症を起こします。汚れたおむつが長い時間肌にふれていないよう、取り替えはこまめに。肌が汚れたらお湯や石けんで洗い、必ず保湿もしてください。なかなか治らないときは、「カンジタ皮膚炎」である可能性も。治療方法が違うので、自己判断せずに受診を。

乳児湿疹・新生児にきび

乳児湿疹は、汗やよだれ、ミルクやおっぱい、離乳食が原因でかぶれた状態。新生児にきびは、出産時にお母さんから受け継いだホルモンによる影響で発症します。授乳前や離乳食前にワセリンなど保湿剤で口の周りを保護し、汚れたらやさしくふいて再度保湿剤を塗って。赤くなったら受診を。

脂漏性湿疹

肌から分泌される脂などが原因で、頭皮や眉毛などにかさぶた状の湿疹ができた状態。入浴前に、オイルを含ませたガーゼなどをかさぶたにのせてふやかし、その後シャンプーや石けんを使って指の腹でしっかり洗ってかさぶたをはがし、保湿剤を塗っておきましょう。

教えて!Q&A

日ごろのケアで気を付けることは?
発疹の有無にかかわらず、スキンケアを毎日続けることが大切です。ポイントは次の3つ。
1 清潔にする。(汗をかいたままにしない。)
2 保湿をする。(汗を流した後は、保湿剤をつける。)
3 赤みやかゆみ(=炎症)があれば、治療する。(受診する。)
赤ちゃんの汗をふくときや、おむつを替えるときなど、肌の状態に注意しましょう。発疹が広がったり、かゆみがひどいようなら、皮膚科や小児科を受診してください。
肌トラブルでも石けんを使って大丈夫?
赤ちゃんの肌はデリケートで、皮脂の汚れがあらたなトラブルを引き起こすことも。1日1回は石けんでやさしく洗いましょう。泡はよくすすぎ、水分をふきとったあとは、保湿剤や肌トラブルに合った薬を塗りましょう。
アトピー性皮膚炎かどうか気になります。
アトピー性皮膚炎と乳児湿疹の見分けは月齢が低いうちはむずかしいもの。皮膚の炎症を抑え、治療の効果を高めるためには、どちらも「清潔」と「保湿」が大切です。かかりつけ医と相談しながら根気よくケアしていきましょう。

記事の情報は2017年7月現在のものです。