だし

調理のポイント

離乳食には、濃い味の調味料を使えません。そこで活躍するのが「だし」。煮汁にしたり、あえ物に使ったり、おかゆなどをぽってりと飲み込みやすくするのにも重宝します。だしは鍋でとるのがおすすめですが、急ぐときは素材と水を耐熱容器に入れて、電子レンジで加熱しても。

昆布だし 植物性のだしなので、5、6カ月頃から使えます。植物性の昆布だしはやわらかな風味なので、和風だけでなく洋風や中華風の離乳食にも味のベースとしても重宝します。

かつおだし 動物性のだしなので、7、8カ月頃から使えます。みそ汁や煮物などの定番料理に使いやすいだしです。

煮干しだし 動物性のだしなので、7、8カ月頃からみそ汁や煮物のだしに使えます。濃くとった場合、赤ちゃんには薄めてあげましょう。煮干しの粉が気になるときは、ペーパータオルなどでこすといいでしょう。

とっただしは製氷皿に入れて氷にし、チャック付き袋などにいれておけば、冷凍保存も可能。1週間を目安に使いきりましょう。

「だし」をつかったレシピ