いよいよ離乳食のスタート!

初めての離乳食。「食べてくれるかな」と楽しみでもあり、不安や疑問がいっぱいかもしれません。
ママも赤ちゃんも無理せず、今日食べなくてもまた明日と、少しずつ進められれば大丈夫。
赤ちゃんの成長や体調によって、食べるペースにも個人差があります。
様子を見ながら、焦らずゆっくり進めましょう!

スタート時期は?

  • おとなの食事に興味をもったしぐさをする。
  • 口をもぐもぐさせたり、よだれの量が増えてくる。
  • 離乳食用スプーンを唇にあてても嫌がらない。

進め方は?

  • 1日1回、ほぼ決まった時間に食べさせます。 離乳食は、午前の授乳タイムのなかに組み込みましょう。午後でもかまいませんが、できるだけ毎日決まった時間帯に食べさせましょう。
  • まずはおかゆから。それから野菜→豆腐・魚へ。 最初は1日1回1さじから。すりつぶした10倍がゆから始めて、慣れたら少しずつ量を増やします。うんちの状態が変わらず元気なら、すりつぶした野菜や豆腐、白身魚なども。新しい食材は1日1種類まで。1さじから試していきます。

    1さじは小さじ1(5ml)のことで、赤ちゃんスプーン(フィーディングスプーン)なら3~4さじ

  • 開始後1カ月くらいしたら、1日2回に。 慣れてきたら午前と午後の1日2回に。ポタージュ状のペーストから、ぽってりとしたヨーグルト状へと水分量を減らしていきます。

離乳食の進み方には個人差があります。赤ちゃんの様子を見ながら焦らず進めましょう。

食べさせ方は?

下唇の上にスプーンをおき、口を閉じるまで待ちます。

食べ物をのせたスプーンを下唇の上にそっとおき、上唇で取り込んだらスプーンを引き抜きます。ひざに抱っこして、赤ちゃんの姿勢を後ろに少し傾けると食べさせやすいです。

1日のスケジュール例

6:00授乳1
10:00授乳2 + 離乳食1
14:00授乳3
18:00授乳4
22:00授乳5

(1カ月たったら)

6:00授乳1
10:00授乳2 + 離乳食1
14:00授乳3
18:00授乳4 + 離乳食2
22:00授乳5

離乳食とミルクのバランス

ミルク80~90%
離乳食10~20%

この時期はまだ離乳食ではなく、母乳・ミルクからほとんどの栄養を取ります。離乳食開始前と同様に、母乳・ミルクは欲しがるだけあげましょう。