梅雨から秋にかけては、食中毒を起こしやすい季節。予防策とともに、対処の仕方も知っておきたいですね。

食中毒予防の3原則

1菌を付けない

  • まな板などの調理器具は清潔に。離乳食用を別に用意するのもよい。
  • 濡れたままのふきんで食器などをふかない。
  • 調理前や食事を食べさせる前には必ず手洗いを。

2菌を増やさない

  • ミルクは飲む直前に作り、飲み残しは必ず捨てる
  • 離乳食をまとめて作る時は、すぐにさまして清潔な容器に小分けして冷凍する。
  • 冷凍室や冷蔵室も過信せず、早めに食べきる。

3菌をやっつける

  • 食品は75℃以上で1分以上加熱
  • 使用後のほ乳瓶は必ず消毒する。
  • 食器類、おしゃぶりなどもこまめに洗浄・消毒を。

教えて!Q&A

食中毒はどんな症状?
発熱、嘔吐、下痢、腹痛などがおもな症状で、うんちに血が混ざる血便が出ることもあります。下痢は水っぽい便が、1日に10回以上続くことも。嘔吐や下痢が続くと急速に水分が奪われ、脱水症を起こしやすくなります。脱水症になると、けいれんや意識障害などのショック症状を起こしたり、危険な状態になることもあります。
病院には、すぐに行くべき?
水様便が止まらず、機嫌が悪くぐずり続けるようなときは、早めに小児科を受診しましょう。受診するときは便のついたおむつを持っていき、おうちに同じ症状の人がいるかなどを伝えると診断がしやすくなると思います。
看病で大切なことは?
食中毒の症状がみられたら、脱水症を避けるために、水分補給をすることがもっとも大切です。母乳を飲んでいる赤ちゃんは、1回の哺乳量を少なめにするために、1回の授乳時間を短めにし、いつもより飲ませる回数を増やしてください。ミルクは薄めずにそのまま、やはり少量ずつ回数を多く与えましょう。赤ちゃんの水分補給は、母乳やミルクのみでOKですが、離乳食後期以降の赤ちゃんは、薬局などで市販されている電解質をとれる子ども用イオン飲料や、みそ汁の上澄みを、少量ずつ頻繁に与えてみるのもよいでしょう。
離乳食はどうしたらいい?
吐いているときは固形物を避け、母乳やミルク、電解質飲料などの水分のみにして、おなかを休めましょう。栄養の補給はおなかの調子が戻ってからで大丈夫。嘔吐がなくなり、食欲が出てくれば、下痢が続いていても食事を再開してかまいません。みそ汁や野菜スープなどから、徐々におかゆやうどん、煮物、りんごやバナナなどの消化のよい食事を与えましょう。

記事の情報は2016年5月現在のものです。