梅雨明けとともに真夏日が続くことが多く、赤ちゃんにとっても体調を崩しやすい季節です。夏の生活ポイントと、注意したい病気について知っておきましょう。

夏を元気に過ごすポイント

生活リズムを整えましょう

体力を消耗しやすい時期なので早寝早起きを心がけ、外遊びは日差しのやわらかい午前に。おでかけも赤ちゃんの体調を見て無理しないようにしましょう。

こまめな水分補給

意識してこまめに水分補給を。離乳食開始前~中期頃までは、母乳やミルクをたっぷりと、後期からは麦茶など甘みをおさえたものがいいでしょう。

皮膚の清浄を

汗によってあせもなどの皮膚トラブルや、睡眠の質が悪くなることが。汗をかいたらからだをふいたり、シャワーを浴びましょう。

気をつけたい熱中症と冷房病

熱中症

気温と湿度が高く、汗が出ないために体温が上がってしまう状態です。初期の段階では顔が赤くなり、からだが熱くなります。息がハアハアすることも。すみやかに涼しい場所に移動し水分補給を。ベビーカーの赤ちゃんは放射熱でおとなよりも暑い思いをしていますし、窓際のベビーベッドも注意が必要。また短時間でも車内に放置することは絶対にしてはいけません。

冷房病

冷房による冷気に長時間あたることで血行が悪くなり、元気がなくなることが。冷風がからだに直接あたらないよう気をつけ、扇風機などで風の流れをつくる工夫を。ただ就寝時の赤ちゃんは汗をかきやすいので、ドライ機能の26~27度程度に設定したり、タイマーを上手に使いましょう。

知っておきたい夏に流行する風邪

ウイルス性の風邪は、まれに合併症を起こすこともありますから、一度は病院で診察を受けましょう。

手足口病

手のひら、足の裏、口の中などに米粒大の水ぶくれや発疹がでます。手足の発疹は痛みがないのが普通ですが、口の中は痛くて飲食ができない場合も。熱は微熱程度が通常ですが、まれに高熱になることもあります。

ヘルパンギーナ

突然高熱が出て2~3日続きます。のどの奥に複数の水泡ができるのが特徴です。しみて、とても痛いため、水分がとれず脱水症状になることもあります。

プール熱

正式には「咽頭結膜熱(アデノウイルス感染症のひとつ)」。高熱が4~5日続き目が充血します。のどが痛く、頭痛や下痢を伴うことも。プール熱ともよばれますがプールに入らなくてもかかります。

記事の情報は2016年6月現在のものです。