7、8カ月頃

いまだに母乳しか飲みません。

8カ月の女の子です。娘はいまだに母乳しか飲みません。おっぱいを飲んでいる姿はかわいいし、体重が減っているということもないのでついつい離乳食をさぼってしまっているのですが、大丈夫でしょうか?

お話: 管理栄養士 坂 弘子(さか ひろこ)

おかゆを食べる姿もとてもかわいいですよ。

離乳食は栄養だけでなく、口や舌の使い方を学習する場でもあります。赤ちゃんは生まれつきミルクや母乳を飲むことはできますが(ほ乳反射と言います)、食べ物をモグモグして飲み込むのは学習する必要があります。赤ちゃんの機嫌がいいときに離乳食を食べさせてみましょう。なるべく毎日決まった時間に離乳食を食べさせていると、しだいに赤ちゃんもそういうものだと理解します。離乳食のあとの母乳はほしがるだけ飲ませてあげてください。でも授乳の間隔はきちんと空けて、離乳食がちゃんと食べられるようにしていきましょう。小さなお口でモグモグゴックンする姿も、とても愛くるしいものです。

初めは嫌がっても続けましょう。

もし離乳食を始めてみても、食べないからといって、すぐに諦めないでくださいね。赤ちゃんは意外と賢くて、イヤイヤすればママが母乳をくれると学習してしまいます。少しずつでいいので、進めていきましょう。

※記事の情報は2016年3月現在のものです。