1歳半~2歳

これからの時季、熱中症が心配。水分補給の目安を教えてください。

1歳10カ月の男の子です。これからの時季、汗も多くかくでしょうし、熱中症が心配です。水分補給をこまめにといいますが、どれぐらいを目安にしたらいいのでしょうか。

お話: 管理栄養士 太田 百合子(おおた ゆりこ)

おとな以上に子どもは水分補給が必要。

赤ちゃんや幼児は、おとなよりも体に占める水分の割合が多いもの。新陳代謝が活発でたくさん汗をかくうえ、腎臓機能が未熟なため、老廃物をろ過するのに多くの水分を必要とします。またこれから暑くなってくると、汗で水分やミネラルが失われ、屋内でも熱中症などで体調をくずすことも。そうならないために、おとな以上にこまめな水分補給が大切です。
6カ月頃までは母乳やミルクだけで水分量はOK。離乳食がすすみ、あそんだ後などで汗をかいたときには、水や薄めた麦茶をあげてもいいでしょう。麦茶は渋みが少なくてノンカフェインですから赤ちゃんにもおすすめです。

卒乳した子どもには欲しがるだけあげてOK。

麦茶や水などを、欲しがるときに欲しがるだけあげましょう。あそんでいるときは、汗のかき具合や運動量を見て1時間ごとに声をかけるなど、おとなから水分補給を促してください。ジュースなどの甘い飲み物はおやつと考え、量を調整しましょう。

※記事の情報は2017年4月現在のものです。