7、8カ月頃

なかなか形があるものを食べようとしません

8カ月の男の子です。6カ月から離乳食を始めました。なめらかなペースト状のものは好んで食べてくれますが、少し形があるものだと嫌がり、2カ月たってもいちばんはじめの形状のままです。進め方にコツはありますか。

お話: 管理栄養士 坂 弘子(さか ひろこ)

飲み込むには、さまざまな動きが必要です。

なめらかなペースト状のものは、唇を閉じて舌で食べ物をのどの方に送り、ごくんと飲み込むだけで食べられますが、形があるものは、舌と上あごでつぶしたり、歯茎の方に食べ物を動かし、つぶして唾液と混じり合わせ、とろとろの状態にしないと飲み込めません。
赤ちゃんは「まだ自分にはむずかしい」と判断して嫌がっているのかもしれません。焦らず、少しずつ進めていきましょう。

まずは「ぽってり」に挑戦してみて。

まずは、今のペーストの状態から、水分の量を減らして「ぽってり」とした状態にしたものも与えてみましょう。なめらかだけど、そのまま飲み込むには水分が少なめだな、と赤ちゃんが感じると、唾液と混じり合わせようと口をもごもごと動かすようになります。
赤ちゃんの口が前より動くようになったと感じたら、やわらかく煮たものをつぶして、スプーンで成形したものや、スプーンの背で押すとすぐにつぶれるくらいにやわらかい粒のものに進めてみましょう。初めは、赤ちゃんの舌は前後と上下にしか動かせるようになっておらず、舌を上あごに押し付けてつぶします。充分やわらかくしましょう。

筋力が増えると、食べられるものも増えてきます。

形のある食材にトライするときは、赤ちゃんの好きなものから始めましょう。一度に進めず、1品ずつ形のあるものを増やしていくのがおすすめです。なかなか進まないように思っても、月齢が進み、からだも大きくなり、運動面でもハイハイやつかまり立ちなどができるようになって筋力がついてくると、上手に形があるものを食べられるようになります。
今は、一番上手に食べられる形状のものを中心にして、少しむずかしい形状のものも試していく時期なんだな、と考え、楽しく離乳食タイムを過ごしてください。

※記事の情報は2018年2月現在のものです。