12~18カ月頃

ほ乳びんがうまく卒業できません。

1歳になったばかりの女の子です。離乳食はよく食べてくれるのですが、寝る前のミルクをほ乳びんで飲みたがります。飲むと落ち着いてよく眠るし、コップに入れても嫌がるのでつい続けてしまいますが、どうやってほ乳びんを卒業させたらよいのでしょうか。

お話: 管理栄養士 坂 弘子(さか ひろこ)

ほ乳びんはもう少し続けて大丈夫です。

1歳になって、離乳食をよく食べてくれるということで、順調ですね。寝る前にほ乳びんからのミルクを飲みたがるのは、まだ食事だけでは充分エネルギーがとりきれず、おなかがすいてしまうのか、「乳首を吸う」ということが安心につながっているのだと思います。
ほ乳びんのミルクがないとうまくいかないのでしたら、あせらず、もうしばらく続けていてかまいません。コップで水分が飲めるようになっているのでしたら、麦茶や牛乳などいろいろな飲み物をコップで飲む練習を、無理なく進めていきましょう。

うまく入眠に導くには、生活リズムも大事。

夜におなかがすいてしまうのを改善するには、生活を規則正しいリズムにすることも大切です。朝・昼・夕とおやつの時間に、主食・主菜・副菜のそろった食事を食欲に合わせて食べさせましょう。おやつも子どもにとっては第4の食事。軽食でもかまいませんし、子どもが喜ぶ甘いものも、適量ならかまいません。
ミルクや牛乳・乳製品も、1日200~400mlをめやすにとり入れて。湯ざましや麦茶も、欲しがるだけ充分飲ませます。おふろあがりにも飲ませてあげましょう。

また昼間は、たくさんからだを動かして遊んであげてください。公園や年齢の近いお友だちのいる場所に出かけるのも、よい刺激になりますよ。

ほ乳びん以外に眠りにつく方法がないか、探してみて。

また、寝かしつけるときの「入眠儀式」として、ほ乳びんの代わりに絵本を読んでから寝る、布団の上からやさしくトントンする、など、子どもに合う方法を探してみるとよいでしょう。

※記事の情報は2018年4月現在のものです。