7、8カ月頃

エアコンの効いた室内ではどんな服装がいいの?

8カ月の男の子です。からだが冷えすぎないよう、室内でエアコンがついているときは薄手の上着やレッグウォーマーを着せています。ところがあそんでいると上着を脱ぎたがり、半袖1枚に。肌をさわるとちょっと冷たいのですが、このままでよいのでしょうか。

お話: 助産師・保健師 田中 淑恵(たなか としえ)

快適な室温になるようエアコンだけでなく湿度も調整を。

2歳前ごろまでは体温調節中枢が未熟で、暑さや寒さについては、おとなが注意深く調整することが大事です。エアコンの設定温度は、基本的に「外気温との差が5℃まで」になるようにしましょう。
乳幼児のいる家庭では、室温は26〜28度くらいが望ましい温度です。また、体感温度は湿度にも左右されます。湿度が80%を超えると蒸し暑く感じ、60%以下だと涼しく感じますので、除湿機能を使うなど工夫しながら、室温を下げ過ぎないことを念頭におきましょう。冷たい空気は下にたまるので、サーキュレーターや扇風機を天井に向けて室内の空気をかく拌すると、体感温度は下がります。
また、エアコンの設定温度だけを見るのではなく、子どもがあそんだり寝ている場所の温度も見てください。おとなより低いところに寝かされている赤ちゃんの周囲は、冷たい空気がたまって冷えやすいです。扇風機やエアコンの風が直接当たらないように注意が必要です。

「おとなより1枚薄く」が着せ方のめやす。汗の量にも注意を。

おとなに比べて体温が高く、基礎代謝が盛んで暑がりの赤ちゃん。「お母さんより1枚薄く」が着せ方のめやすです。からだを自由に動かせるよう、薄着に慣らしていきましょう。
活動しているときの赤ちゃんの手足は、タンスやテーブルをさわったときと同じくらいの温度に感じます。それ以上に冷えていると感じるなら、重ね着をするのではなく、室温を見直してください。また、着せ方のめやすに赤ちゃんの汗があります。たくさん汗をかいているなら、着せ過ぎのサインです。

※記事の情報は2017年7月現在のものです。