9~11カ月頃

カミカミ期なのに、全然かもうとしません。

11カ月の男の子です。離乳食がカミカミの時期なので野菜をやわらかく煮たりして与えるのですが、全然かもうとしません。どうしたらいいでしょうか?

お話: 管理栄養士 坂 弘子(さか ひろこ)

舌の押しつぶしができているかを確認。

赤ちゃんのそしゃく力の発達をみてみましょう。
・5、6カ月頃は、ペースト状の食べ物を口を閉じてのどのほうに送ってゴックンと飲み込むことを覚えます。
・7、8カ月頃には、舌でつぶせるぐらいのかたさの食べ物を、上あごとの間に支えて押しつぶすという舌の動きができるようになります。
・9~11カ月頃には、舌と上あごでは押しつぶせないかたさのものを、歯ぐきのほうへ送り、上下の歯ぐきでつぶすようになります。
まず、舌と上あごでつぶして食べられているかを確認しましょう。5mm角に切ったゆでた絹ごし豆腐を口に入れると、赤ちゃんの唇が左右に引かれてスマイルしているように見え、そのあと、もぐもぐして飲み込んでいるようなら、舌の押しつぶしはできています。この動きができていないときは、やわらかく煮たかぼちゃや人参などの根菜を一度マッシュにしてスプーンでまとめたものから舌でつぶす練習をし、次第にふっくらと煮えたままのものにしていきます。

「歯ぐきでかむ」動きを引き出すように。

舌つぶしができているようなら、やわらかく煮た野菜をかまない理由は、スプーンの使い方と食べ物の形状の問題が考えられます。スプーンは食べさせるときに下唇に置き、上唇がおりてきたら引き抜いて、赤ちゃんが自分で食べ物を取り込めるようにします。吐き出さないようにと、舌の奥のほうに入れたり、上あごになすりつけるようにして食べさせていると、舌で食べ物のかたさを判断して歯ぐきに運ぶことができず、そのまま飲み込んでしまいます。
形状の問題としては、赤ちゃんの歯ぐきでつぶすにはかたすぎる、やわらかすぎて舌でつぶせてしまう、とろみの付けすぎ、の3つが考えられます。
かたすぎると、口から出すか、丸のみしてしまいます。やわらかすぎると、らくに舌でつぶせて「歯ぐきでかむ」という動きを引き出せません。とろみ付けのしすぎだと、かまなくてもつるんと入ってしまいます。
野菜は、おとなが舌と上あごで力をこめてつぶせる、または親指と薬指でつぶせるくらいのかたさで、赤ちゃんの歯ぐきに乗りやすい5~8mm角にして、とろみを付けずにあげてみましょう。前歯が生えてきているようなら、スティック状のゆで野菜やパンなどをかじり取らせるようにして、口の動きを見てみましょう。

※記事の情報は2017年2月現在のものです。