9~11カ月頃

コップの練習がなかなか進みません。

10カ月の男の子です。先月からコップで水分をとる練習をはじめましたが、コップをふりまわしたり投げたり、なかなか進みません。

お話: 管理栄養士 坂 弘子(さか ひろこ)

水分を唇で感じとる練習からはじめましょう。

いきなりコップを使うのではなく、まずは水分を唇で感じとる経験をさせてあげましょう。ほ乳瓶やストローだと唇に水分がふれません。スプーンで上唇に水や麦茶などの水分があたるようにして、水分を感じる経験をさせ、ひと口分だけ吸い込めるようにしていきます。
その後、おとながコップを支えてふちをくわえさせてあげましょう。水分が上唇にふれるようにコップを傾け、子どもの頭が上がらないように軽く押さえてあげながら「下向きで水分が飲める」ようにして練習します。

慣れてきたら、いよいよ「自分で持つ」練習へ。

飲むことに慣れてきたら、「自分で持って飲む」練習へ。両手で持てる取っ手つきのコップや、取っ手がない場合は直径が大きすぎず、子どもが親指を開いて、全体にほかの指が回る大きさのものを用意します。安心してくり返し飲む動作が行えるように、こぼしてもよいエプロンや敷物を準備して、たくさんやらせてあげましょう。

※記事の情報は2017年9月現在のものです。