5、6カ月頃

スプーンを口に近づけただけでイヤイヤします。

6カ月の男の子です。離乳食を始めたいのですが、スプーンを口に近づけただけでイヤイヤしてしまいます。もうこれで1週間になりますが、まだ一度も食べてくれません。始めるのが早かったのでしょうか?

お話: 管理栄養士 坂 弘子(さか ひろこ)

嫌がるようなら、無理せずお休みして。

せっかく作った離乳食が無駄になってしまうのは残念ですね。でも赤ちゃんとのくらしは“ゆったり構えて気長に”ができるとラクなんです。無理せずお休みして、再開するときは、1さじからまた始めてください。

赤ちゃんのペースで進めれば大丈夫。

赤ちゃんの下唇にスプーンの先を軽くのせてみて、舌で押し出すなど嫌がるうちは、まだ口の準備ができていない可能性があります。赤ちゃんには生まれつき母乳やミルクを飲むための「ほ乳反射」や固形物を口に入れると反射的に押し出す「舌突出反射」という口の動きが備わっています。これらの反射が残っているうちは、「食べる」練習は始められません。食べてくれないとお母さんもあせってしまうかもしれませんが、赤ちゃんの口の成長を待って、赤ちゃんのペースに合わせて進めていけば大丈夫です。

違うスプーンで試してみても。

シリコンとか木とか、赤ちゃんによって好む材質があるようです。違うスプーンで試してみるとうまくいくこともあります。お母さんの清潔な指ですくって口へ持っていってあげてもいいかもしれません。

※記事の情報は2016年11月現在のものです。