1歳半~2歳

夏の水分補給、飲み物の種類や温度が気になります

1歳半の男の子です。暑くなってきたので水分補給を積極的にさせているのですが、キーンと冷えたお茶などをぐいぐい飲んでいて、おなかが冷えないか心配です。飲み物は温度にも気を付けた方がよいですか?また、おとなの飲んでいるものを欲しがるようになり、与えてよいのか迷います。

お話: 管理栄養士 坂 弘子(さか ひろこ)

おなかの調子がよければ冷たくてもOKですが、胃の調子に影響することも。

1歳を過ぎていて、冷たくても嫌がらず、飲んだあとも下痢や腹痛など変わったことがないのなら、飲ませてかまいません。ただ冷たいものを一気にたくさん飲むと、胃腸の温度も下がり、働きが悪くなって消化能力が落ちてしまいます。
冷たい飲み物は口あたりがよいので欲しがることも多いと思います。たとえば2杯目は常温の水を足してぬるめにするなど、調整してもよいでしょう。

判断に迷う飲み物は、まずは少量から。

次のような飲み物は、はじめからたくさん与えず、様子をみながらあげてください。

【牛乳】
1歳を過ぎたら、飲み物として与えてかまいません。シチューなどの料理に使って問題なく食べているのでしたら、はじめは50ml程度から、人肌に温めて飲ませてみましょう。その後、冷たい刺激で下痢になったりしないようでしたら、冷たいままあげてかまいません。


【炭酸水】
無糖のものは喜んで飲むのなら、1歳を過ぎるころからOKです。ただ、たくさん飲むと胃がいっぱいになって食欲不振になったり、のどや胃の粘膜に刺激が強すぎることも。最初は少量から与えましょう。
糖分の入った炭酸ジュースなどは、甘さが強くクセになりやすいので、味覚の発達を考えると3歳頃まで控えた方がよいでしょう。


【カフェイン入りの飲み物】
カフェオレやミルクティー、緑茶などに含まれるカフェイン。おとなには眠気がなくなるなどの効果がある一方で、子どもは消化や分解、排出に時間がかかるため、睡眠の質が下がる、精神不安定になるといった悪影響があることも。からだの機能が成長してからの方が安全に飲むことができます。1歳までは与えないようにしてください。

1歳を過ぎて欲しがるようなら、カフェオレやミルクティーは、牛乳にコーヒーや紅茶を風味付け程度に入れたものに。ごく薄くしてあげましょう。市販のものを与えるときも、牛乳に少量を加えるなどして薄めます。緑茶、ウーロン茶なども薄くして(市販のペットボトルなら2倍程度に)1回にコップ1杯程度、1日1~2杯までにしましょう。

飲み物に含まれるカフェインの量は、コーヒー60mg、紅茶30mg、緑茶・ほうじ茶・ウーロン茶20mg、番茶・玄米茶10mg(すべて100ml当たり)。現在日本では、悪影響がない1日のカフェインの摂取量の設定はありませんが、海外の状況をまとめたものでは、4歳以下については1日体重1kg当たり2.5mg(体重10kgなら25mg)、4~6歳は45mg、妊婦は200~300mg、健康な成人で1日400mgまでとなっています。

※記事の情報は2018年6月現在のものです。