0〜4カ月頃

帰省のための長距離移動が不安です。

2カ月の女の子です。帰省のために、長距離の移動をする予定です。何に気をつけたらよいでしょうか。

お話: 小児科医 佐山 圭子(さやま けいこ)

何よりお母さんと赤ちゃんの負担にならないように。

赤ちゃんといっしょに帰省するのは、行く方も迎える方もとても楽しみなことでしょう。とはいえ、長時間の移動は不安ですね。まずはお母さんの不安が取り除かれるよう、お母さんと赤ちゃんになるべく負担がかからないような計画を立ててください。ひとりで赤ちゃんを連れて帰る場合でも、駅や空港へは家族に送ってもらう、迎えにきてもらう、荷物はなるべく少なめにしておき、できるだけ宅配便で送る、など事前にできるだけ準備しておくと安心です。
手持ちの荷物には、最低限の着替えやおむつ、ミルクなどのほか、薄手のブランケットなどがあると、冷房対策などにさっと使えて便利です。おもちゃはお気に入りのものだけでなく、目新しいものを用意しておくと飽きずに過ごせると思います。母子手帳、保険証は貴重品と同じ扱いになりますので、必ず手持ちの荷物に入れておきましょう。

飛行機や新幹線のサービスは事前に確認しましょう。

新幹線の場合、車両によっては「多目的室」があり、オムツ交換や授乳などに利用することもできるようです。そうしたスペースの近くに席をとると、子ども連れが多い確率も高まるので、あまり気兼ねせずにすむかもしれません。飛行機の場合も、予約時に赤ちゃんがいっしょだということを伝え、サービスを受けやすい席を確保できると安心です。
自家用車で帰省する場合は、チャイルドシートを適切に取り付けましょう。泣いても抱いてあやすのは危険です。安全をいちばんに心がけてください。ぐずってしまったときのために、上に書いたように複数のおもちゃ、車であればCDなどを用意しておくといいですね。どうしても泣きやまないときは休憩をとって気分を変えてあげましょう。 ※最新の情報は、利用する航空会社や鉄道会社などに確認してください。

タイミングよく寝かせられるといいですね。

赤ちゃんを泣かせない工夫として、ちょっと乱暴に聞こえるかもしれませんが、いつもよりたくさん構ってあげて、少し寝不足にしておくという方法もあります。飛行機の離陸や新幹線の発車時におっぱいやミルクを飲ませ、そのまま寝かせておくという作戦です。でも、何しろ赤ちゃんですから、親の思いどおりにいかないことのほうが多いでしょう。赤ちゃんがなかなか泣きやまなかったりすると、周りへの迷惑を気にしすぎてしまうかもしれませんが、温かい目でみてくれる人は多いものです。あまり気兼ねすることなく、どうぞ思い出に残る旅にしてください。

帰省先でもゆったりのんびり赤ちゃんのペースで。

帰省先では、過密スケジュールにならないよう気をつけましょう。ついついあちこちと連れて行きたくなりますが、まだまだ機会があるはず。赤ちゃんのペースを第一に考えてのんびりと過ごしましょう。予定通りにいかなくても、そういうものだと思って、ゆったりした気持ちで過ごすことが大切です。

※記事の情報は2015年4月現在のものです。