7、8カ月頃

急に離乳食をあまり食べなくなりました。

8カ月の男の子です。いまままで順調に進んでいた離乳食を、急に食べなくなり、母乳をほしがることが増えました。もうすぐ3回食にもなるタイミングですが、無理にでも進めた方がいいのでしょうか?

お話: 管理栄養士 坂 弘子(さか ひろこ)

無理強いしないで食べあきたようなら食事を切り上げて。

順調に離乳食が進んでいたのに突然食べなくなり、母乳をいつもより多くほしがるということはよくあります。離乳食にも慣れてきた頃で、精神的にも発達して、興味が広がり、食事に気持ちが向かないのかと思われます。
食べないからといって必要以上に母乳やミルクを与えたり、好きなものだけ多く与えたりせず、食事の時間帯はなるべく一定にし、食生活のリズムを乱さないようにしましょう。母乳をほしがっても授乳間隔は同様になるように、あそぶことで気をそらしたり、麦茶で乗り切ったりしてみるとよいと思います。食事時は無理強いしないで、食べあきたようでしたら食事を切り上げ、赤ちゃんの様子をみてください。体調が悪いのではなく機嫌よく元気にしていれば心配ないと思います。

外で食べさせたりなどの気分転換もいいでしょう。

おかゆ、たんぱく質源、野菜類のそろった食事を出してあげたら、食べる量は赤ちゃんの食欲に任せます。ただ、食材の形態が赤ちゃんの咀嚼(そしゃく)力よりも固めになっていないか、確認してください。固形物を噛む口の動きは、口のあたりの筋肉が疲れることなので、眠い、機嫌悪い、食欲がない、といった状態だと食べないこともあります。良いタイミングで食事の時間を迎えられるように、生活リズムを整えることや、手づかみ食べを試してみるのもよいと思います。
いつも同じようなメニューになっていないかも見直してみて、新しい食材や味付けを試したり、外で食べさせたりなどの気分転換もよいでしょう。しばらくすると、またよく食べるようになるものです。

※記事の情報は2017年5月現在のものです。