5、6カ月頃

甘い野菜しか食べず困っています。

5カ月の男の子です。離乳食を始めたのですが、かぼちゃやさつまいもなど、甘い味のものしか食べてくれず、困ってしまいます。

お話: 管理栄養士 坂 弘子(さか ひろこ)

甘みを好むのは赤ちゃんの本能です。

赤ちゃんは甘みやうまみといった味を、本能的に、からだに必要で安全なものと認識しているため、安心して食べてくれます。今は離乳食を開始したばかりなので、母乳やミルク以外の味に慣れ、トロトロの形状のものを唇を閉じてごっくんと飲み込むことを覚える時期です。砂糖で甘くしたものではなく、野菜やいもなどの自然な甘みのものでしたら、神経質になりすぎず、赤ちゃんが好むものを中心に食べさせていてかまいません。おかゆや甘みの少ない野菜と、好きなかぼちゃやさつまいもを混ぜてあげてもよいでしょう。

甘みが少ないものも、あきらめず食べさせてあげて。

ただ、あまり食べてくれなくても、甘みのない食材も出し続けてあげましょう。苦手な味や食材も、何度も経験することで、少しずつ食べられるようになっていきます。うまみを多く含むだしの味も赤ちゃんが好むことが多いので、苦手そうにしている食材はだしでのばして試してみましょう。

※記事の情報は2017年8月現在のものです。