7、8カ月頃

絵本は何冊くらい用意してあげたらいいのでしょう。

8カ月の女の子です。最近、絵本を読んであげると興味を示すようになり、指をさしたり笑ったりします。いろいろ読んであげたいと思うのですが、何冊ぐらいあるといいのでしょう。

お話: 絵本・児童文学作家 正岡 慧子(まさおか けいこ)

親子で楽しめれば何冊でもOK。

とくに決まりはありません。基本的に何冊ぐらい用意しなければならないというルールもありません。
ただ、同じ絵本ばかりでは子どもも飽きてきますし、読み聞かせのスタートに最もよい時期ですので、いろいろな絵本を読んであげてください。注意して見ていると、絵本への反応で、子どもが何に興味をもっているかがよくわかります。2歳くらいまでは、絵が大きくて色のきれいな絵本を選びましょう。
また、子どもが一時的に興味を失ったとしても、絵本はずっと持っていてください。思い出したように、それを取り出して読んでほしいということもありますから。

「もりもり」「パチパチ」などオノマトペをたくさん聞かせたい年齢です。

絵本の世界を親子で楽しむ時間は、子どもの豊かな心をはぐくむ時間でもあります。読んであげたときの様子をみながら、読み聞かせ方を工夫してみてください。
まだ絵と言葉の関連性がわからない年齢ですから、絵を指さしながら読んであげることも大事です。また、2歳くらいまでは、オノマトペ(擬態語や擬音語)をたくさん聞かせたい年齢です。とくに、もりもり、パチパチ、ピヨピヨ、ブーブーなど、唇を合わせるオノマトペははっきり読んであげましょう。言葉の発達に役立ちます。

※記事の情報は2016年10月現在のものです。