1歳半~2歳

絵本を選ぶときのポイントを教えてください。

2歳1カ月の男の子です。絵本を読み聞かせしてあげたいのですが、どんな本を選べばいいのかがわかりません。絵本を選ぶポイントなどがあれば教えてください。

お話: 絵本・児童文学作家 正岡 慧子(まさおか けいこ)

子どもの心に届くかどうかという視点で。

山のようにある絵本の中から、一冊を選ぶのは確かに難しいことかもしれません。大切なのは、手に取った絵本が「子どもの心に届くかどうか」という視点です。そのために、まずは子どもをじっくりと観察してみてください。
いろいろな絵本があるように、いろいろな子がいます。たとえば絵本の対象年齢に「3歳から」と書かれていたからといって、それに左右されることはありません。1歳以下でも、その本を理解できる子だっていますし、3歳以上でも興味を示さないことだってあるのです。自分の子どもが、今どんなことを知っていて、どんなことに興味をもっているのかなど、いろいろな絵本を読みながら、その反応を確かめてください。
たとえば、男の子の場合は男の子を主人公にした絵本のほうが気持ちを動かしやすいでしょうし、2歳くらいの子どもですと、食べ物にはまちがいなくよい反応を示します。どうぞ興味をもって読み聞かせを楽しんでください。

ドキドキと“びっくり”が好奇心を育てる。

では、子どもにとって「いい絵本」ってどういうものでしょう。知識を与えてくれる絵本も、もちろんいい絵本ですが、たとえば、びっくりさせてくれる絵本というのは、子どもにとってとてもいい絵本だと思います。この“びっくり”は、子どもの脳の発達にとてもいいことで、これを続けていくことが、子どもたちの好奇心を育てていくことでもあるのです。
絵本のページをめくろうとするとき、子どもってとてもドキドキしているんです。だって、次にどんな絵やお話が待っているかわからないのですから。このページをめくる1秒という短い時間に、あらゆる想像をめぐらせて待っているのです。そして、めくった瞬間に「わあ!」とか「すごい!」という反応が返ってきますよね。
ページがめくられる瞬間のドキドキと、めくられた後の“びっくり”は、子どもの心を豊かにする大切な鍵。そして、この鍵を握れるのは子ども時代だけの特権なのですから、絵本を通して(もちろん絵本だけでなく実体験でも)たくさんの“びっくり”を体験させてあげたいですね。冒険心の継続こそが人生の宝です。

※記事の情報は2017年1月現在のものです。