9~11カ月頃

部屋の中の事故防止、どこまでやる?

10カ月の男の子です。最近よく動くようになり、事故防止に柵を設置しました。しかし、部屋が柵だらけになってしまい、赤ちゃんのあそべる空間が狭くなってしまいました。過保護でしょうか? ほどよい事故防止の対策がわかりません。

お話: 助産師・保健師 田中 淑恵(たなか としえ)

不慮の事故の大半は家庭内で起こります。

妊娠中や乳幼児健診の際に、子どもの不慮の事故、安全対策啓発・教育を行うようになり、少しずつ減ってきてはいますが、日本では1歳から14歳までの死亡原因の上位を「不慮の事故」が占めています(10年前は、死因の1位が不慮の事故でした)。その大半は家庭内の事故です。ちょっとした不注意から起こり、安全対策をすることで防ぐことができます。
まだ自分の身を守ることができない子どもの命を守るのは、おとなの責任です。予防が可能なことはしっかり対策すべきで、それ自体を過保護だと気にする必要はないと思いますよ。

「まだまだ先」と思わず、早めに対策をしましょう。

子どもの発達段階によって、起こりやすい事故は変わってきます。「まだまだできない」という油断は禁物です。昨日できなかったことが今日はできることも。
たとえば10カ月前後だと、はいはい期に比べて行動範囲が広がって、知恵もつき、さまざまなものに興味がわいてくる時期。主な事故でも、次のようなものがあげられます。

・段差で転ぶ、足を滑らせる
・机の上の上に手が届くようになり、たばこや薬などを誤飲する
・引き出しに指をはさむ
・テーブルクロスを引っ張り落下物でけが
・ポットや加湿器の蒸気による火傷 など

事故がいちばん起こりやすいのは、さらに行動範囲が広がる、歩き始めの1歳過ぎ頃。10カ月頃から、十分な安全対策が必要です。

「禁止」よりも自由に動ける環境を上手に活用して。

危険から守ろうとするあまり「ダメダメ」と言うよりも、家の中を整理整頓して、おとなが多少目を離しても安全な環境を作ることが、事故予防のためには欠かせません。家の中に安心できる赤ちゃんスペースを作ったり、外出先でのびのび遊べる子育てサロンなどを大いに利用しましょう。そして、言葉がわかるようになってきたら、少しずつ危険なものに対する警戒心を教えてあげましょう。

※記事の情報は2017年9月現在のものです。