5、6カ月頃

離乳食がすすんだら母乳はやめた方がいい?

6カ月の男の子です。最近、離乳食を始めました。離乳食をたくさん食べてくれるのはいいのですが、母乳も欲しがってたくさん飲むので、食べ過ぎにならないか心配です。母乳は早く卒業した方がよいですか?

お話: 管理栄養士 坂 弘子(さか ひろこ)

欲しがるだけ飲ませて問題ありません。

離乳食を開始して2週間以上経過し、順調に進んでいるようなら、離乳食は欲しがるだけあげましょう。最初の2週間は、離乳食の量を徐々に増やして。食後は母乳を欲しがるだけ飲ませます。離乳食を開始して1カ月たったら、離乳食を1日2回食べさせます。8カ月頃までは、1日2回の離乳食と、母乳も欲しがるだけ飲ませてかまいません。
離乳食のあとすぐに飲めなくても、1時間くらいして母乳を飲めるようでしたら飲ませます。そのほかの授乳時間も母乳を欲しがるだけ飲ませましょう。

3回食になったら離乳食のあとは水分補給だけでも。

9カ月頃から1日3回の離乳食になります。9カ月を過ぎても、離乳食のあと母乳を欲しがれば、欲しいだけ飲ませますが、離乳食をよく食べ、母乳を欲しがらなければ、食後は湯冷ましや麦茶などの水分補給だけでもかまいません。そのほかの授乳時間は、母乳を欲しいだけ飲ませます。食後以外に2回ほど授乳できるとよいでしょう。

食べられないようなら母乳を減らしていって。

赤ちゃんが飲むようなら、1歳までをめやすに母乳を飲ませていれば、栄養素をまんべんなくとりやすくなります。1歳を過ぎたら母乳を少なくして、1日200~400gの牛乳やヨーグルトに切り替えても。食事をしっかり食べているようなら、1歳を過ぎても母乳は無理にやめる必要はありません。母乳のせいで食事が食べられていないようだったら、母乳を減らしていってみましょう。

※記事の情報は2017年5月現在のものです。