12~18カ月頃

食欲が旺盛で、もっと食べたいとせがみます。

1歳3カ月の女の子です。最近食べられるものが増え、自分の離乳食を食べ終わっても親の食事を欲しがります。つい取り分けてあげてしまいますが、食べさせ過ぎでしょうか。

お話: 管理栄養士 坂 弘子(さか ひろこ)

体重が増えすぎていなければ、食事量を増やしても。

食欲が旺盛なのは、家族そろっての食事の時間が楽しい時間になっているということで、とてもよいことです。太りすぎとか、体重増加が著しいということがなく、穀類・たんぱく源・野菜類のそろった献立で、適度なかたさや大きさのものを食べているということであれば、食べたがるところまで食べさせてかまいません。いつも「もっと食べたい」と訴えるのでしたら、主食・主菜・副菜それぞれの量を少しずつ増やしてあげたり、全部食べたらおかわりしてもらうようにするとよいでしょう。

「自分の分を食べる」ことを少しずつ教えてあげましょう。

ただ、まだ満腹中枢の働きが未発達な時期なので、おなかがいっぱいになったことを感じにくく、おかわりを何回もしたがったり、親の分まで食べたがったりすることもあります。充分な量を子どもが食べていると思ったら「ごちそうさま」をして、「おなかがいっぱいになったね」と声をかけて、満腹感を意識させてあげましょう。
食事は「自分のお皿のもの、自分の適量を、自分で食べる」ということを、だんだん教えていきたいものです。親の食事を取り分けてもらって、とてもうれしかったという楽しい思い出になることもあると思います。絶対にいけないわけではありませんが、習慣にしないようにしていったほうがよいでしょう。

子どもにとって危険な食材は欲しがってもNG。

気をつけたいのが、おとなは平気でも、発疹が出たり、病原菌に感染したり、かむことや飲み込むことが未熟なため危険だという理由で、子どもには向かない料理や食材もあるということです。
次のような食材は、欲しがっても与えないようにしてください。

・生もの(刺身、うに、いくら、生卵、生肉など)
・食物アレルギーがあるか確認していないもの(えび、かに、貝類など)
・食塩の多いもの(漬物、佃煮など)
・甘味の強いもの
・カフェインが多く含まれるもの
・弾力があり、窒息のおそれがあるもの(こんにゃく、もち、丸いチーズそのまま)
・そのまま飲み込み、窒息のおそれがあるもの(丸いままのミニトマトやぶどう)
・水分がなくかたいもの(生りんごや生人参の大きいもの、粒のままのナッツ)

※記事の情報は2017年10月現在のものです。