9~11カ月頃

1回の離乳食はどれくらいあげたらいいのでしょうか?

9カ月の男の子です。一品一品の作る目安の量はよく本などにも載っているのですが、離乳食1回でどれくらいあげたらよいのかがわかりません。

お話: 管理栄養士 坂 弘子(さか ひろこ)

基本は「食べたいだけ」で大丈夫。

食べられる量は、赤ちゃんによって違います。主食+おかずの組み合わせで、おかずに「たんぱく源」と「野菜・果物・海藻」が含まれている献立でしたら、赤ちゃんが食べたいだけ食べさせて大丈夫です。1食の合計の目安は、こども茶わんに換算して、6カ月頃は1/2杯、7、8カ月頃は軽く1杯、9~11カ月頃は1~1杯半くらいです。

適当なところで声をかけてあげましょう。

食欲があるのはよいことですが、噛まないで飲み込んでしまっていることもあります。次々と口に離乳食を入れてあげるのではなく、離乳食をのせたスプーンを赤ちゃんの下唇の上において、上唇がおりてきてしっかりととらえるのを待つようにしましょう。ひと口の量も9カ月頃なら、スプーンの半分くらいが目安です。
満腹感を感じにくいのでは? と思ったら、用意した量を食べ終わったときに「おなかいっぱいになったね」と声をかけ、切り上げるようにしましょう。泣いていたら、赤ちゃんが好きな遊びをしてあげて食べることから気をそらしてあげましょう。

※記事の情報は2016年2月現在のものです。