育児に積極的なパパが増えてきましたが、実際のところパパは育児にどんなふうに関わっているのか、組合員のみなさんに聞いてみました! パパが得意なこと、失敗したこと、パパから学んだことなど、ママから見たパパの育児を公開します!

子どもはパパのあそびが大好き!

子どもはパパのあそびが大好き!

高い高い」は、私はもう重くてムリ! パパの高い高いは空中で180℃回転してクルクル景色が変わるから、キャーキャー大はしゃぎ。(@ちぃやんさん・2歳10カ月)

昔ながらの歌やアニメソングをたくさん知っているので、子どもたちとおふろに入ると、ノリノリで歌うパパ。子どもたちもいっしょに大きな声で歌ってすごく楽しそう!(ちーずちゃまさん・3歳、9カ月)

パパは良い意味でも悪い意味でも子どもなので、子どもと兄弟のようにあそんでいます。パパが考えた「ウルトラマン対怪獣ごっこ」や、「遭難者を救うレスキュー隊ごっこ」に、子どもたちは夢中!(プチプチトマトさん・5歳、1歳5カ月)

寝る前、ふとんの上で10分くらい、子どもと体を使ってあそんで発散させてくれます。最近の流行りはお相撲ごっこ。下の子も1歳なのに大興奮でぶつかっていきます。(ビターチョコさん・3歳、1歳3カ月)

虫捕りやザリガニ釣りに出かけては、自分でしかけを作って捕獲したり、捕まえたものを子どもに触らせたり。パパとあそびに行くのを子どもはワクワク楽しみにしています。(空澄風さん・5歳)

パパの得意技

パパの得意技

授乳後のゲップをさせるのが上手! すんなりゲップが出て、娘もスッキリいい笑顔!(ひーちゃんままさん・7カ月)

おとなと同じ湯船に入るようになってからおふろで泣き出すことが。パパ対応にしたところ、パパの大きい体だと抱かれていても安定感があるようで、ご機嫌で入浴できるようになりました。(てっちりさん・5カ月)

パパの寝かしつけはすごい。ガッチリした体格と低い声の子守唄が心地いいようで、すぐにグッスリと寝て朝まで起きません。(あおはるさん・1歳9カ月)

鼻水をとること。独自の効果音をつけて、楽しげに取るので、子どもが泣かない。(マきーさん・1歳6カ月)

絵本の読み聞かせが上手なことを発見。私が読んで聞かせているときより、子どもが明らかに楽しそうにしている!(hanakuroさん・8カ月)

パパがんばって! トホホなエピソード大集合

パパがんばって! トホホなエピソード大集合

寝かしつけをかってでてくれても、子どもより先にすやすや寝てしまっていることが。結局、その横で私が寝かしつけ。(はるはるマーマさん・8カ月)

おむつ替えを頼んだとき、動き回ってできなかったとかで、見事にはみ出してだだ漏れ。(みほさん・7歳、1歳5カ月)

パパは心配性。ネットで育児情報の検索をはじめたら最後、眠れなくなってしまうことも…。(しふくさん・2カ月)

おふろから息子の悲鳴が。慌てておふろに駆けつけると泣いている息子。ベビーバスでうつ伏せ洗いの際に、洗う背中のほうに気をとられて、一瞬、顔を水攻め状態にしたらしい。(ほのこさん・5カ月)

おむつを替えてくれたのはいいが、そのまま、使用済みおむつを放置。うんちのときはにおいがきつくて…。(ナフナフさん・2歳11カ月)

娘の服の着替えを頼むと、「これはないでしょ」というような変な組み合わせを平気でします。(もわのあさん・4歳、11カ月)

パパから学んだこと

パパから学んだこと

すごくパワフルで疲れるでしょと思うくらいのほめ方。両手を上げて思いきり「やったー、やったー、すごいぞ」の連呼。双子の息子たちはパパが本気でほめてくれることがうれしくてジャンプ! パパにはかなわないと思う瞬間です。(おりささん・1歳7カ月の双子)

ついガミガミ口うるさくなってしまう私。食事中に歌い出した子どもに呆れていたところ、パパもいっしょに歌い出し、子供たちはア然。でもそのおかげで食事に戻ってくれました。叱る以外のやり方もあるよなーと考えさせられました。(トンママさん・7歳、4歳、1歳)

子供が癇癪を起こすと私もいっしょにヒートアップ。でも、パパは「こっちのほうが楽しいよ!」とか「こういうふうに考えたらどうかな?」とか子どもの感情を受け止めるのがとてもうまくて、見習いたい!(あやーさん・3歳)

パパがいっしょにあそんだり、スキンシップをとったりして子どもと関わるのは、パパにとっても子どもにとっても大切な時間ですね。乳幼児期の育児はママの出番のほうが多くても、子どもの成長にしたがって、パパが活躍するシーンがさらに増えてくると思いますよ。

今回の記事で挙げているママの声は、パルシステム「yumyum club」でのアンケートで寄せられた組合員のみなさんの声を元にしています。

記事の情報は2017年10月現在のものです。