毎日の歯みがきは虫歯にならないための大切な習慣。でも、歯みがきが嫌いで、口を開けてくれなかったり、泣いて抵抗したり…。イヤイヤに困っているママは多いもの。歯みがきイヤイヤに“これがうまくいった”というママの声を集めましたので、ぜひ参考にしてみてください!

歯みがきタイムが楽しくなる歌&あそび

歯みがきタイムが楽しくなる歌&あそび

1歳の頃、歯みがき対策用にぬいぐるみを使いました。まず、ぬいぐるみに娘が歯みがきをしてあげ、そのお礼に、ぬいぐるみから「歯みがきをしてあげるよ」と言って、私がぬいぐるみに手を添えてみがいていました。(まちゆれさん)

2歳半の息子は歯みがきの途中ですぐに口を閉じて終わりにしようとするのですが、『はみがきじょうずかな』を歌いながらみがいたら、楽しんで最後までできました。 (はるはる1828さん)

3歳頃「自分でやるー」と言って、仕上げみがきを嫌がる時期があったので、「順番で、ママの歯みがきを○○ちゃんがやってくれる?」と私の歯ブラシを渡したら、喜んでやってくれました。「じゃあ、次は○○ちゃんの番ね」と言ったら、すんなりと口を開けてくれました。(hohomeeさん)

3歳頃から「むしバイ菌ごっこ」でみがくようにしました。私がバイ菌役になりきり、「今日は、○○ちゃんは歯みがきをしないようだから、たくさん工事ができるな~」と言うと、「歯みがきやって~」と来るように。みがきながらバイ菌団が徐々にやっつけられ、最後に隊長もやられてしまうというストーリーです♪(はらばたけさん)

「虫歯はこわい」を知ってもらう作戦

「虫歯はこわい」を知ってもらう作戦

1歳頃、歯みがきというと毎回ギャン泣きで大変でした。あるとき、虫歯の出てくる絵本やアニメを見せて虫歯の怖さを教えたところ、素直に歯みがきさせてくれるようになりました。3歳になった今ではすんなりやらせてくれます。 (たいぴさん)

2歳頃にイヤイヤしたり、ふざけたりして歯みがきさせてくれなかったとき、私の治療した銀歯を見せて「こんな黒い歯になりたい? 虫歯になると歯医者さんでガリガリけずるんだよ」と言うと、怖かったようで、歯みがきをさせてくれるようになりました。(あさくたさん)

2歳のイヤイヤ期は毎日の歯みがきが憂うつでした。3歳になり一時期よりはみがかせてくれるようになったものの、夜だけで精一杯。先日、幼稚園から持ち帰った雑誌の、口の中にバイ菌がうじゃうじゃいる絵のページを見て顔をこわばらせていました。怖いという気持ちから少し積極的になってくれたらと期待しています。(ゆいかなさん)

みがき方にひと工夫あり!

みがき方にひと工夫あり!

1歳になる子どもがいます。上下合わせて6本しか生えていないのですが、歯みがきする前に、子どもを膝に寝転ばして「アーイーアーイー」と言いながらお口を動かしてると、楽しそうに真似をしはじめるので、そのタイミングで歯みがきさせてもらうと上手くいきました!(kathy416さん)

2歳7カ月で数に興味があるので、カウントダウン方式で仕上げみがきをしています。0になるまでに全力でみがきます(笑)。0から数えるより10から下るほうがおとなしくしてくれると思いますよ!(tanoaさん)

歯みがきを嫌がった2歳頃、一番うまくいったのが、「私もいっしょにみがく」でした。そういえば、子どもをみがくとき一方的だったなぁと思い、私もみがいてみると、隣に並んでみがいてくれました。 (ahahahaさん)

イヤイヤにお役立ちの小物

イヤイヤにお役立ちの小物

現在1歳の娘は、仕上げみがきを嫌がらず、自分から口を開けてくれます。本格的に歯みがきが始まる少し前から、赤ちゃん用の持ち手が輪っかになった可愛い絵柄の歯ブラシを与えていました。おもちゃ感覚でカミカミしているうちにブラシの感触が好きになったのではないかと思います。(モモコさん)

2歳の頃、口を開けるのも膝の上に寝転がるのも嫌がりました。後半は泣いてしまうこともあり、そんなときは「頑張ったね!良くできましたシールどれがいい?」と歯みがきカレンダーに気を持っていかせるようにすると、気がまぎれるのか、スムーズに歯みがきできるようになりました。(りじゅさん)

子ども用の歯みがき粉を使ったら、フルーツの味が気に入ったようで、自分から歯ブラシを持ってくるようになりました。味が続いている間はじっとしてくれます。(ゆうるうさん)

歯みがきを嫌がっていたころ、かかりつけの小児科にあった歯みがきミラーを気に入ったので、うちでも鏡を使ってみたところ、楽しく歯みがきできるようになりました。(あさひめんさん)

イヤイヤには、歌や、ぬいぐるみ、鏡などを使って楽しくすると効果がありそうですね。
イヤイヤとの悪戦苦闘も大きくなってみれば笑い話になるはずです。子どもの不安な気持ちに寄り添い、少しずつ克服できたらいいですね。

今回の記事で挙げているママの声は、パルシステム「yumyum club」でのアンケートで寄せられた組合員のみなさんの声を元にしています。

記事の情報は2017年7月現在のものです。