赤ちゃんに素材そのもののおいしさを伝える、離乳食。そこで活躍するのが「だし」です。
だしのうまみは食欲を増し、素材のおいしさを引き立ててくれます。
甘みや脂肪などのおいしさは、赤ちゃんも本能的に好むものですが、だしの香りやうまみを味わう力は、体験を重ねていくことで身に付くもの。
ぜひ離乳食に取り入れてみてください。

5、6カ月頃の「だし・スープ」

5、6カ月頃は植物性の昆布で。野菜スープは、素材を煮たり、のばしたりするのに便利。

昆布だし

水1リットルに対し昆布20cm(約20g)がめやす

1 昆布の表面をかたく絞ったふきんでふき、水につける。

2 そのまま冷蔵室でひと晩おき、うまみをじっくりと引き出し、昆布を取り出す。

野菜スープ

野菜…2~3種類(70~80g)、水…2カップ

1 キャベツや人参などくせのない野菜を小さく切り、水といっしょに鍋に入れ、15~20分煮る。

2 野菜がやわらかくなったら、ざるでこす。ざるに残った野菜は、裏ごししたり、きざんだりすると離乳食に使える。

だしや野菜スープは冷凍保存も

製氷皿に入れてキューブ状に凍らせ、型から出して密閉容器に入れて冷凍保存。少量使いに便利。

保存は1週間が目安。

7、8カ月以降の「だし・スープ」

7、8カ月以降は動物性のかつお節や煮干しだしも。

かつおだし

水1リットルに対しかつお節30gがめやす

1鍋に水を入れて中火にかけ、沸騰したらかつお節を入れ、弱火でアクを取りながら煮出す。

2 再び煮立つ直前に火を止める。かつお節が沈んだら、ざるでこす。

煮干しだし

水1リットルに対し煮干し25g(約7~10尾)がめやす

1煮干しは頭をちぎり、背からふたつに裂いてはらわたを取り除く(頭とはらわたをとることで、苦味やえぐみがなくおいしいだしに)。

2鍋に1の煮干しと水を入れ、30分ほどおいてから火にかけ、煮立ったら中火にしてアクを取りながら5~10分煮出し、煮干しを取り出す。(煮出さずに、水に煮干しを入れて半日ほど置くだけでも)。

離乳食に慣れてきたら、薄味を付けてもOK

7、8カ月以降、味を付けないとあまり食べないようなら、ごく薄味を加えてもOK。9~11カ月頃では、しょうゆ小さじ9~11カ月頃では、しょうゆ小さじ1/4(1食)、みそ小さじ1/4(1食)、塩0.2g(1食)がめやすです。