食べる量はほんの少しなのに、下ゆでしたり、つぶしたり、何かと手間のかかる離乳食づくり。
毎回いちから作るのはたいへん! まとめて作って、小分けにして冷凍しておくと便利です。

はじめにおさえておきたいフリージングルール

1新鮮なものを使う
雑菌の繁殖をできるだけ少なくするため、新鮮な食材を使い、作りたてを冷凍します。
2加熱する(殺菌)
加熱することで、時期に応じたかたさにするとともに、食材についた細菌を殺菌できます。
3早く凍らせる
しっかりさましてから、なるべく薄く小さく分け、できるだけ早く凍らせます。

1週間をめやすに使いきりましょう。赤ちゃんにあげる際は電子レンジや鍋で必ず加熱してください。

形状に合わせたフリージング

すりつぶしたもの

冷凍保存袋に入れ、薄く平らに。

すりつぶしたり裏ごししたものを、冷凍保存袋に入れて薄く平らにし、1食分ずつ箸などで筋目を入れて冷凍する。使うときは1食分だけパキッと折って取り出せばOK。

向いている食材

かぼちゃ、人参、じゃがいもなど

ゆでたもの

棒状に束ねてラップで包む。

株のままゆで、水けをしぼって根元を切る。棒状に束ね、ラップにきっちり包んで冷凍する。使う際、凍ったまますりおろしてもOK。

向いている食材

ほうれん草、小松菜などの青菜

だしなどの液体

製氷器などで凍らせる。

だしなどの液体は、凍ると膨張するので、製氷器の8分目まで入れ、冷凍する。凍ったら取り出して冷凍保存袋に。

向いている食材

だし、スープ、おかゆなど

下ごしらえ済みの野菜、魚

小分けパックなどで凍らせる。

ゆでてきざんだ野菜など、下ごしらえ済みのものは、小分けパックや密閉容器などで使いやすい分量に分けて冷凍。

汁けが多いものやおかゆは膨張するので8分目まで入れる。

向いている食材

煮てきざんだ野菜、ゆでてほぐした魚、おかゆなど

離乳食ラク技

鶏ササミは凍ったまますりおろすとラク♪

7、8カ月頃から使える鶏ササミは、凍ったまますりおろして調理すると、赤ちゃんが飲み込みやすい一品に。