9~11カ月頃

3回食になってから、毎回同じメニューになってしまいます。

9カ月の男の子です。離乳食のレパートリーがあまりなくて、3回食になってからいつも同じメニューです。バリエーションを増やすコツなどありますか?

お話: 管理栄養士 坂 弘子(さか ひろこ)

赤ちゃんが食べているなら、今のままでOKです。

3回食になると、日に何度も準備しなくてはいけなくてたいへんですよね。でも、毎日毎食、変化に富んだメニューにする必要はありません。赤ちゃんが食べているなら、同じものばかりでも、料理らしい料理でなくてもOKです。

バランスのよい食事にするには、食材選びがポイント。

「赤ちゃんのために、できるだけバランスのよい食事にしたい」という気持ちもよくわかります。そのためには1回の食事に、炭水化物・野菜・たんぱく質の3つのグループから食材を選んで組み合わせましょう。
まず炭水化物のグループは、「お米(おかゆや軟飯)、パン、麺類」から主食を1品選びます。シリアル、オートミールも炭水化物グループです。
次に主菜として、たんぱく質のグループは「魚、肉、卵、大豆製品、乳製品」から1品選びます。2品以上食べるときは、全体量が多くなりすぎないように調整しましょう。9カ月頃からは、青皮の魚や豚肉・牛肉も食べられるようになります。

最後に副菜として、野菜のグループから1品以上選びます。いも類、大豆以外の豆類、海藻類、果物もこのグループとして考えてかまいません。野菜のグループからいくつかの食材を組み合わせたり、少量から新しい食材を試したりできるといいですね。食材により彩りや食感の違いがあるので、毎回同じメニューになってしまう心配が減ってくると思います。

また、無理に主食、主菜、副菜とお皿を分けなくても大丈夫です。たんぱく源と野菜をおかゆや軟飯にのせたどんぶり、具沢山のめん料理、たんぱく源と野菜入りのソースのパングラタンなどの献立も問題ありません。手づかみ食べできるようにカットした(例:1cm角、4cmくらいの長さのスティック)野菜や果物も、メニューのひとつと考えてOKです。

彩りを考えて食材を選ぶことも食欲アップにつながります。

9カ月頃なら、アレルギーがないと確認できればほとんどの野菜や海藻などが使えるようになります。
青菜、人参、かぼちゃ、トマトなどの緑黄色野菜は、栄養だけでなく、彩りも豊かになるので、見た目でも食欲をそそるメニューになりますね。赤、黄、オレンジなどのきれいな色が入るようにと考えて食材を選ぶのもよいでしょう。あらかじめ調理して冷凍保存しておくと、ちょっと彩りに加えるなどして使えるので、おすすめです。

少量の味付けや、切り方を変える、油を取り入れるだけでも目新しくなります。

かむ力が発達してくるので、小さく角切りにしていた食材を5~8mm角の少し大きめにカットしたり、いちょう切りや短冊切りにしたりして、上手にかめるか試してみてください。塩やしょうゆ、砂糖、みそ、ケチャップなども少量試すこともできます。これまでと同じメニューでも、ちょっと目先が変わって見えるようになりますよ。
調理法はシンプルに煮る、焼くなどでOKです。油が使えるようになるので、油を薄くひいて、おやき、やわらかいハンバーグなどを作ったり、油で炒めてから煮るシチューや炒め煮もできます。

※記事の情報は2022年12月現在のものです。