9~11カ月頃

3回食になってから、毎回同じメニューになってしまいます。

9カ月の男の子です。離乳食のレパートリーがあまりなくて、3回食になってからいつも同じメニューです。バリエーションを増やすコツなどありますか?

お話: 管理栄養士 坂 弘子(さか ひろこ)

赤ちゃんが食べているなら、今のままでOKです。

3回食になると、日に何度も準備しなくてはいけなくてたいへんですよね。でも、毎日毎食、変化に富んだメニューにする必要はありません。赤ちゃんが食べているなら、同じものばかりでも、料理らしい料理でなくてもOKです。

バランスのよい食事にするには、食材選びがポイント。

赤ちゃんのために、できるだけバランスのよい食事にしたい、という気持ちもよくわかります。そのためには1回の食事に少量ずつでも、炭水化物・野菜・たんぱく質の3種類の食品をとり入れられるといいですね。
調理法はシンプルに煮る、焼くなどでOK。油が使えるようになるので、油を薄くひき、炒めて煮ることもできます。野菜・果物は1種類以上、たんぱく質の多い食品は「卵・大豆製品・魚・肉・乳製品」のなかから1~2種類を選びましょう。主食は「おかゆ・パン・麺」のなかから選びます。無理に主菜、副菜とお皿を分けなくても大丈夫ですよ。手づかみ食べできるようにカットした(1cm角、4cmくらいの長さ)野菜や果物も、メニューのひとつと考えてOKです。

食材の数を多く使うことで、彩りもよくなります。

食材の数を多く使えば、それだけ栄養のバランスもとりやすくなります。9カ月頃なら、青魚や豚肉・牛肉もOKになりますし、アレルギーがないと確認できればほとんどの野菜や海藻などが使えるようになります。
青菜、人参、かぼちゃ、トマトなどの緑黄色野菜は、栄養だけでなく、彩りも豊かになるので、見た目でも食欲をそそるメニューになりますね。あらかじめ調理して冷凍保存しておくと、ちょっと彩りに加えるなどして使えるので、おすすめです。

少量の味付けや、切り方を変えるだけでも目新しくなります。

噛む力が発達してくるので、小さく角切りにしていた食材を5~8mmくらいの少し大きめにカットしたり、いちょう切りや短冊切りにしても大丈夫。塩やしょうゆ、砂糖、みそ、ケチャップなども少量試すこともできます。これまでと同じメニューでも、ちょっと目先が変わってみえるようになりますよ。

※記事の情報は2019年3月現在のものです。