“きほん”の3ポイント

1おかゆは離乳食の基本メニュー

おかゆは離乳食の基本メニューです。いろいろな作り方がありますが、どんな方法でも赤ちゃんが食べるようならOK。無理なく自分に合う方法を見つけてください。

210倍がゆからスタート

離乳食スタート時は、水分の多い10倍がゆをすりつぶしたものから始め、離乳食が進むにしたがって水分を減らしていきます。目安は、5、6ヶ月:10倍がゆ、7、8ヶ月:7倍がゆ、9〜11ヶ月:5倍がゆ、12ヶ月〜:軟飯。
分量と固さのめやす早見表

3多めに作って冷凍保存がおすすめ

製氷皿などで凍らせ、冷凍用の袋などに入れて保存。電子レンジや鍋で解凍して加熱し、赤ちゃんにあげます。1食分ずつ小分けにして冷凍しておくと便利です。1週間くらいで食べきりましょう。おいしく、失敗も少ないのでおすすめです。

おかゆは吹きこぼれやすいので、初めてのときは、少量から始めてみましょう。

おかゆのいろいろな作り方

おかゆにはいろいろな作り方がありますが、基本は【一度に作る or つど作る】と【お米から作る or ごはんから作る】の組み合わせです。

1一度に作る × お米から作る、「きほんのおかゆ」

鍋や炊飯器で炊く基本の作り方です。米から作るおかゆは味がよいのが特徴です。

作り方

2一度に作る × ごはんから作る、「手軽なおかゆ」

ごはんを鍋で煮て作ります。お米から炊く方法より、短時間でできます。

作り方

3つど作る × お米から作る、「裏ワザおかゆ」

お米から、おとなのごはんといっしょに炊いて作ります。一回分のおかゆが手軽にできます。

作り方

湯のみや市販の炊飯器用クッカーに分量の米と水を入れて、炊飯器の中央に置いておとな用ごはんといっしょに炊きます。炊き上がったら長めに蒸らします。

4つど作る × ごはんから作る、「時短おかゆ」

ごはんを電子レンジで加熱して作ります。少量を短時間で必要な分量ごとに作ることができます。

作り方