0〜4カ月頃

赤ちゃんでも花粉症対策は必要ですか?

3カ月の男の子です。花粉症の対策は赤ちゃんのうちからしたほうがよいのでしょうか。自分が花粉症なので気になっています。

お話: 小児科医 田村 幸子(たむら ゆきこ)

早い子では、1~2歳で発症することがあります。

3カ月の赤ちゃんは花粉にほとんど接触していないので、基本的に発症しません。花粉症はアレルギー反応の一種で、体内に入った花粉が異物とみなされ抗体が作られ、その抗体と抗原(花粉)が反応して症状が出る状態です。冬生まれの子どもは、生まれてすぐに花粉に接触するので1歳で花粉症になることも。最近は低年齢化が進み、1~2歳の花粉症も珍しくありませんが、発症が低年齢化している原因はわかっていません。

1歳過ぎで症状が気になる場合は、受診を。

1歳以降で以下の症状があったら花粉症の可能性も。花粉症と風邪との違いは、目のかゆみを伴う、さらさらとした鼻水、天気が良く風が強いときに悪化するなど、気になる場合は小児科や耳鼻科を受診しましょう。ただしアレルギー検査は、低年齢でははっきりしないことがあります。

・さらさらとした鼻水
・目の充血やかゆみ
・まぶたの腫れ
・涙目
・連続したくしゃみ など

対策は、花粉に接触する時間を減らすこと。

花粉症の対策は、原因物質に触れないこと。花粉症を発症していない赤ちゃんも、心配な場合は花粉との接触を避けましょう。赤ちゃんはマスクができないので、花粉症の季節は、こんな工夫をしてみてください。

(1)外あそびの時間を比較的花粉が少ない午前中にする。
(2)洗濯物などを外に干さない。
(3)室内の掃除をまめに行い、換気は朝にする。
(4)外出にはウインドブレーカーのようなツルツルした素材の服を着せ、帰宅時には花粉をはらって室内に入る。

※記事の情報は2018年1月現在のものです。