12~18カ月頃

フォローアップミルクは、どんな風に与えたらいいの?

1歳の男の子です。離乳食の進みが少し遅く、まだおっぱいやミルクが大好きで栄養不足が心配です。ふだんのミルク代わりにフォローアップミルクを与えた方がいいでしょうか?

お話: 管理栄養士 坂 弘子(さか ひろこ)

まず、それぞれに強化されている成分が違います。

赤ちゃんが成長してくると、だんだんと栄養不足やバランスがとれているか心配になりますね。フォローアップミルクとは、育児用ミルクに比べ「鉄」と「カルシウム」を多く添加したものです。しかし単純に「栄養強化版ミルク」と言うわけではなく、母乳や育児用ミルクに入っている「銅」や「亜鉛」といったミネラルは、フォローアップミルクには添加されていません。

離乳食の進み具合によって、与え方が異なります。

鉄やカルシウム、銅や亜鉛は、いずれも成長に必要な栄養です。フォローアップミルクの与え方は、赤ちゃんの離乳食の進み具合に合わせましょう。考え方のめやすは次の通りです。(いずれも1歳頃の場合)

【1日3回、鉄・カルシウムの入った食材を含めてよく食べている】
カルシウムを含む乳製品や青菜類、小魚類などや、鉄を含む赤身の肉や魚、レバー、大豆製品、青菜類などを意識して与えるようにしているのなら、フォローアップミルクを使う必要はありません。

【1日3回の離乳食は食べられている】
必要な栄養量の半分以上は離乳食から摂れていると考えられます。ただ、「カルシウム」や「鉄」は意識して食材を選んで与えないと摂りにくいので、フォローアップミルクを育児用ミルクの代わりに与えてもよいでしょう。

【離乳食がほとんど進まない】
栄養の大部分は育児用ミルクや母乳から摂っているようなら、離乳食が3回食べられるようになるまで、育児用ミルクや母乳のままがおすすめです。

赤ちゃんの成長具合は千差万別ですから、どのようにフォローアップミルクを使ったらよいか、使った方がよいかについては、小児科の医師に相談するのが確実です。健康診断や受診の際に、あわせて聞いてみるのもよいと思います。

フォローアップミルクは、離乳食に加えて使ってもOKです。

フォローアップミルクを使うときは、飲み物としてだけでなく、スープやシチュー、カレーなどに加えたり、濃いめに溶いてパンに塗るなど、離乳食の食材として使ってもよいでしょう。

※記事の情報は2019年4月現在のものです。