1歳半~2歳

寝相が悪い子ども。寝るときの服装はどうしたらいい?

2歳の男の子です。いつもふとんを蹴って寝ています。どうせふとんを蹴ってしまうのなら、厚めのパジャマにして、ふとんを薄くしてもよいでしょうか。

お話: 助産師・保健師 田中 淑恵(たなか としえ)

まずは、よく眠れているかを見てみましょう。

子どもはおとなに比べて睡眠周期が短く、寝ている間も寝返りを繰り返します。子どもは暑さ、寒さに関係なく基本的に動いて寝るものなので、まずはきちんと安眠できているかどうかを見てみましょう。もし、寝ているときに背中が汗ばんで寝苦しいようすなら、ふとんはかけ過ぎですし、パジャマも着せ過ぎです。下着は半袖にしましょう。

一方で、寒くても、寝相が悪くてふとんから逃げ出してしまう子どももいます。寒いままおなかにふとんもかけないでいると寝冷えの原因に。上着の長さがあるパジャマや、おなかが出ないようにズボンにしっかり上着を入れるなどの工夫を。スリーパーや、ベストを組み合わせてもよいでしょう。基本的に、靴下、帽子は必要ないでしょう。

寝具は通気性や吸湿性の高いものを選んで。

つい、温かくしてあげようと思いがちですが、必要以上に厚着をさせたり、ふとんを何枚もかけたりして、体温の発散がうまくいかないと、かえって上手に眠れません。それよりも、シーツやタオルケットなどの寝具は通気性・吸湿性のよい綿などの素材を選ぶようにしましょう。枕カバーやシーツがボア素材だったり、からだに直接毛布をかけると、一見温かそうですが、蒸れやすく、かゆみが出ることも。また、ダウンや毛布を増やすと、重くて寝苦しいために、寒くても無意識に蹴ってしまいます。子どもは手足で体温調整するので、手足が冷えてもからだを触って温かければ、ふとんをそれ以上厚くする必要はないでしょう。子どもが気持ちよく眠れるようであれば、冬でもタオルケット+毛布、といった形でもよいかと思います。子どものようすを見て、安眠できるよう環境を整えてあげましょう。

※記事の情報は2018年11月現在のものです。