成長を支える主な「3つの食品グループ」

成長を支える主な「3つの食品グループ」
  • 炭水化物

    からだや脳のエネルギーとして赤ちゃんの元気の源となります。主に主食となる食材に多く含まれています。

  • ビタミン・ミネラル類

    からだの調子を整え、吸収を助ける栄養素。副菜として野菜や果物を足すと、彩りもきれいで見た目の楽しさも増します。

  • たんぱく質

    筋肉や骨などの成長には欠かせない、主菜となる食材に多い栄養素です。動物性たんぱく質と植物性たんぱく質があります。

食事のなかで、この「3つの食品グループ」の食材をそれぞれ1つ以上取り入れて。1食の完成度にこだわらず、1週間で調整するくらいで大丈夫。ゆとりを持って取り組みましょう。