12~18カ月頃

牛乳をスタートしたいのですが、大丈夫でしょうか?

1歳2カ月の女の子です。1歳を過ぎたので牛乳をスタートしたいのですが、もう飲ませて大丈夫ですか? 冷たいままあげてもOKですか?

お話: 管理栄養士 坂 弘子(さか ひろこ)

そのまま飲む場合は、1歳頃からOKです。

1歳頃から飲み物として与えてOKです。冷たいままでよいかは、お子さんのようすをみましょう。
乳製品がはじめてなら、ひとさじ(小さじ1)から。ヨーグルトなど乳製品を食べていたら、同じくらいの量を、飲み物としてではなくスープやシチュー、お菓子など、よく加熱したものから試してみるのがおすすめです。
料理に入れてとくに問題なければ、50~100mlくらいを少し温めて飲ませてみてください。アレルギーが心配だったり、牛乳を飲んで変わった様子があったら、必ず医師に相談しましょう。
下痢をすることがなければ、冷たいままあげても大丈夫です。ほ乳瓶だとゴクゴクと飲みやすく、量が増えてしまうことがあるので、コップを使うなど飲みすぎに注意してください。

牛乳や乳製品は、手軽にカルシウムをとることができるので、離乳が進み、母乳やミルクを飲まなくなったら積極的にとりたい食材のひとつです。
反対に、腸が発達してくる1歳までは、牛乳を多く飲むことで鉄の吸収が阻害されることが報告されています。1歳までは飲み物としては与えず、離乳食の食材として少量(50~80ml)使うことをおすすめしています。

ほかの乳製品と合わせて、1日400ml までが目安。

牛乳・乳製品は、1歳すぎでしたら、1日に200~400mlくらいを目安にしてください。脂肪分が多く含まれているので、とりすぎると食事に響いてしまいます。
たとえば午前・午後のおやつに100mlくらい飲ませて、あとはヨーグルトやチーズなどの乳製品を、牛乳に換算して200ml程度。ヨーグルトは牛乳と同じ重量に、チーズは1/10程度の重量に換算して考えてください。

※記事の情報は2019年2月現在のものです。