すすめ方は?

朝・昼・夕の1日3回食にしていきます。

3回目は午後6時頃までをめやすに、あまり夜遅くならないようにしましょう。1食で主食・主菜・副菜のバランスも整えていきます。

食材の種類や品数を増やします。

家族の食事から味付けする前のものや、薄味のものを取り分けるなどして、食材の種類や新しい調理方法を増やしていきます。赤身の魚や青魚、赤身肉、海藻や新しい野菜を試していきましょう。粉ミルクを調理に活用しても幅が広がります。

「手づかみ食べ」が徐々に始まります。

手づかみを始めたら、スティック野菜など持ちやすいものを用意してあげましょう。コップからも飲めるようになるので、少しずつおとなが助けながら練習します。

慣れてきたら、家族でいっしょに食べる機会を。

3回食に慣れてきたら、休日は時間を合わせて、家族そろって楽しく食事をする機会を作りましょう。

離乳食には個人差があります。初めての食材は、1日1回1さじずつ、様子を見ながらあげましょう。

かたさのめやすは?

少し力を入れたらつぶれる、バナナくらいのかたさに。手づかみもしやすいかたさです。

離乳食かたさのめやす 9~11カ月頃

どんな食材ならOK?

7、8カ月頃まで食べていた食材に加え、次のような食材も試せます。引き続き、母乳で育てている場合は、不足しがちな鉄やビタミンDの供給源となる魚、肉、卵等を意識して与えましょう。

炭水化物

ホットケーキ、ロールパン、春雨など。

ビタミン、ミネラル類

やわらかくすれば、ほとんどの野菜、果物がOK。わかめなど海藻も。

たんぱく質

いわしやあじなどの青魚、豚・牛の赤身肉やレバー(脂身は避けます)、大豆など。

1食の量はどのくらい?

  • 炭水化物:前半は5倍がゆ90g、後半は軟飯80g(子ども茶わんに軽く1杯くらい)
  • ビタミン、ミネラル類:野菜、果物を合わせて30~40g(人参なら7mmの厚さで3枚くらい)
  • たんぱく質:魚、肉なら15g(刺身2切れ、鶏ササミ1/3本くらい)。豆腐なら45g(大さじ3くらい)。卵なら全卵1/2個。

食べさせ方は?

スプーンであげたり、自分で食べたがるなら手づかみ食べも。やわらかめのものを前歯でかじりとる練習を。

食べさせるときは丸みのあるスプーンを下唇にのせて、口が閉じるのを待ちます。食べ物に手が届きやすい位置へ、テーブルといすを調整します。

1日のスケジュール例

6:00授乳1
10:00授乳2 + 離乳食1
14:00授乳3 + 離乳食2
18:00授乳4 + 離乳食3
22:00授乳5

9~11カ月頃の献立例

9~11カ月頃の献立例

離乳食とミルクのバランス

ミルク30~40%
離乳食60~70%

食事から栄養をとる割合が増えてきますが、母乳やミルクもまだまだ必要です。離乳食とは別に母乳は授乳のリズムに沿って、ミルクは2回程度飲ませましょう。離乳食のあとは母乳もミルクも与えてOKです。