離乳食を始めるめやす

一般的には、5、6カ月頃からが適切と言われていますが、肝心なのは赤ちゃんのからだが「離乳」を始めるための準備がととのっているかどうかです。

生後5カ月を過ぎ、下に書いてあることができるようになったら、「食べる」準備がととのった合図。赤ちゃんの様子をよく見て、おかゆ1さじから離乳食を始めてみましょう。

1首がしっかりすわっていて、寝返りもできる?

縦抱っこするときに首に手を添えなくても、自分で頭を支えられるようなら大丈夫です。

2支えてあげるとお座りができる?

支えてあげるとお座りができれば、上半身がしっかりしてきた証拠です。

3食べ物に興味を示す?

おとなが食べている口元を見つめたり、自分も口を動かす、よだれをたらすなどが興味を示すサインです。

4スプーンなどを舌で押し出さない?

下唇にスプーンの先を軽くのせていやがるうちはまだ準備ができていないかも。

まずは飲み込む練習から。5、6カ月「ゴックン期」「初期」

これまで母乳やミルクを飲むことに特化してきた赤ちゃんが、まずは舌を使って「食べ物」を飲み込むことに慣れていく頃です。食べる練習と思ってすすめましょう。

授乳タイムの1回を離乳食に
離乳食は午前の授乳タイムに組み込むのがおすすめ。早めの時間にしておくと、万が一気になる様子が出たとき病院に相談でき安心です。
【1日のスケジュール例】
1日のスケジュール例
最初の1週間はおかゆ(米)。それから野菜などへ
まずはすりつぶした10倍がゆ、ひとさじからスタート。少しずつ量を増やしていき、1週間ほど続けたら、すりつぶした野菜や豆腐などを試していきます。以前は「離乳食スタート前に果汁などを与えて慣れさせる」という考え方もありましたが、必要ありません。
ゴックンしやすいトロトロ状に
初めはおかゆも野菜もたんぱく質もトロトロのポタージュ状にしてあげて。すりつぶしたり、うらごししたりして、水分でのばします。すり鉢やハンドブレンダーなどがあると便利。

食べられる食材が増える7、8カ月「モグモグ期」「中期」

飲み込めるようになったら、次は口の中で食べ物を「つぶす」練習へ。食べられる食材も増えていきます。

午前と午後の1日2食に
この時期は鶏肉や鮭なども食べられるようになるので、いろいろな味を体験させてあげるのがおすすめ。1日2回、決まった時間に食べさせます。まだ母乳やミルクから栄養をとっているため、離乳食のあとには授乳もたっぷりと。
【1日のスケジュール例】
1日のスケジュール例

手づかみ食べもしだす9~11カ月「カミカミ期」「後期」

やわらかい小さなかたまりが舌でつぶせるようになったら、徐々に形のあるものにトライ。手づかみ食べをしたがる子も出てきます。

朝・昼・夕の1日3回食に
授乳タイムの午前、午後、夕方に離乳食を組み込んでいきます。栄養バランスも意識していきたい時期です。
【1日のスケジュール例】
1日のスケジュール例

おとなの食事に近づく12~18カ月「パクパク期」「完了期」

味、かたさを調整すれば、いろいろなものが食べられるように。手づかみ食べやスプーンを使うなど「自分で食べる」手助けをしていく時期に入ります。

3回食+1日1~2回のおやつも
おとなと同じ時間に食卓を囲むことができるようになります。
まだ食べられる量が少ないので、1日1~2回おやつをあげてエネルギーや栄養を補ってあげます。
【1日のスケジュール例】
1日のスケジュール例

離乳完了のめやす

形のある食べ物をかんでつぶせるようになって、一日のエネルギーや栄養素のほとんどを食事から摂れるようになったら、離乳が完了したといえます。

ただ、咀嚼力はまだ弱いので、かたさや大きさは赤ちゃんに合わせて調整しましょう。おとなとほぼ同じ調理法で同じかたさのものが食べられるようになるのは、まだ先です。