1日で「3つの食品グループ」を取り入れよう

離乳食が1日3食になると、「毎回違う野菜やメニューにしないといけないの?」と思いがちですが、ポイントは次の3点。

  1. 1回の食事でなるべく「3つの食品グループ(たんぱく質、ビタミン・ミネラル類、炭水化物)」の食材を入れる。
  2. もし「1回の食事」ですべて入れられなかったら、「1日3食」の中で、「3つの食品グループ」が摂れるようにする。
  3. 食材の種類は、「1週間」でいろいろなものが摂れていれば大丈夫。

まずは1日の中で「炭水化物」「ビタミン・ミネラル類」「たんぱく質」の3つが摂れるようにしていきます。

たとえばもし、朝の離乳食でたんぱく質が摂れなかったら、昼や夜に入れられれば大丈夫です。1食のメニューにこだわり過ぎず進めましょう。

離乳食9~11カ月(後期)に摂りたい食材量

「いろいろな食材を出す」は1週間をめやすに

食べられるものもぐっと増える9~11カ月頃。いろいろな食感や味を経験してほしい時期ですが、無理はせず、「きょうは野菜を人参しか食べなかった」日があってもOK。次の日に違う野菜を出して、1週間トータルで種類がいろいろ摂れていれば大丈夫です。

1日の「組み立て例」

【朝(1食目)】

  • 炭水化物:軟飯
  • ビタミン・ミネラル類:冷凍小松菜
  • たんぱく質:ツナ

必要な3つのグループ(炭水化物、ビタミン・ミネラル類、たんぱく質)の食材を、それぞれ1つずつ使ったシンプルメニュー。軟飯をパンやうどんにアレンジしてもOKです。
電子レンジで加熱して混ぜるだけで、調理も簡単。

【昼(2食目)】

  • 炭水化物:5倍がゆ
  • ビタミン・ミネラル類:大根、人参
  • たんぱく質:豚ひき肉

朝(1食目)では使わなかった野菜、肉を取り入れます。少量の味付けも、9カ月頃になれば取り入れて構いません。
片栗粉でとろみ付けすると、おかゆに混ぜない場合も飲み込みやすくなります。

【夜(3食目)】

  • 炭水化物:軟飯
  • ビタミン・ミネラル類:大根、人参
  • たんぱく質:赤魚

昼(2食目)と野菜は同じ。食材は同じような内容でも、味付けや調理法を変えると、目先が変わります。おとなもいっしょに食べられる「取り分けメニュー」だと、離乳食を作り分ける手間も省けて楽になります。

この日使った食材はこれくらい!

離乳食9~11カ月(後期)の献立例で、実際使った食材

炭水化物、ビタミン・ミネラル類、たんぱく質をそれぞれ1~3種類の食材で摂りました。

この例では炭水化物が米だったので、たとえば次の日はパンやうどんを使う、野菜をかぼちゃとキャベツにする…など、作り方は同じで食材だけ変えてもOK。バリエーションがつけやすくなります。

冷凍野菜や便利な食材も使って、無理せずに

1日3食、すべて手作りするのは想像以上に骨が折れるもの。ビタミン類が足りないな、と感じたら「切って加熱しただけ」の温野菜を出したり、さっと出せる納豆やチーズでたんぱく質を補ってももちろんOKです。

便利な「赤ちゃん用の加工品」なども取り入れて、親も赤ちゃんも無理せず進められるようにしていきましょう。

離乳食9~11カ月(後期)献立例 たんぱく質を補う食材

細かくきざんであるひきわり納豆や、骨や皮が取り除いてある「yumyum野付のコロコロ秋鮭」なら、さっと離乳食にプラスできて便利。

離乳食9~11カ月(後期)献立例 ビタミン・ミネラル類を補う食材

手づかみしやすいサイズの「さつまいもスティック」や、さやから取り出し済みの「むきえだまめ」は解凍するだけでさっと出せるので、離乳食やおやつにも。

パルシステムの食材・商品ページで詳しく紹介しています。