切り干し大根

調理のポイント

切り干し大根には、大根のうま味や栄養素が凝縮されています。料理では水分を多めに残し、しっとりするように仕上げ、かんだら味が出てくることを教えてあげましょう。
繊維がかたいので、充分に水戻ししてからやわらかくなるまで煮て、12~18カ月頃の赤ちゃんの歯茎にのりやすい1cmくらいに切ってあげましょう。不溶性の食物繊維が多く、消化はよくないので、少量にします。