ピーマン

調理のポイント

7、8カ月頃から食べられます。やわらかくゆでて使いましょう。最初の頃はすりつぶして、9~11カ月以降は食べやすい大きさに切って。加熱すると独特のくさみが抑えられ、食べやすくなります。

カラーピーマン(パプリカ)は皮がかたいので、もし食べづらそうなら皮をむいても。大きめに切ってやわらかくなるまでゆで、端から薄皮をつまんでめくると簡単にむけます。その後、食べやすい形状に調理しましょう。

かたさ・大きさのめやす

(写真はいずれも約大さじ1、15g程度です)

7、8カ月頃におすすめ

離乳食7、8カ月頃のピーマンの形状

やわらかく加熱して2~3mm大に切り、粗くすりつぶして。

9~11カ月頃におすすめ

離乳食9~11カ月頃のピーマンの形状

指でつぶれるくらいまでやわらかく加熱し、5~7mm角に切って。

12~18カ月頃におすすめ

離乳食12~18カ月頃のピーマンの形状

スプーンで切れるくらいにやわらかく加熱して、1cm角に切って。

写真の皿は、約大さじ1の分量です。

「ピーマン」をつかったレシピ